カードローン比較

カードローン比較

家族の画像

 

安定した収入がある人は、借金などをする機会はほとんどないと思われます。

 

もし借金をする場合は、マイホームを持つなどの特別に費用がかかる場合だと考えられます。

 

豊富な収入がある人は、しっかり貯蓄などもしていると思うので、急な出費がありましても苦労することはないと思います。

 

しかし、毎月の収入で生活費をなんとかやりくりしているような人にとって、急な現金が必要になった場合には、借金をするしか方法がないと思います。

 

知人や親戚などに借金をする方法もありますが、お金に窮していることを知られたくないと思う人も多いはずですし、万が一、借金の返済ができなくなってしまった場合には、多大なる迷惑をかけて、人間関係が崩壊してしまうことも十分にありうるのです。

 

そんな場合に利用すべきがカードローンです。

 

カードローンは、基本的には無担保無保証人で、ご自身の信用情報のみでお金を借りることができますので、とても便利なサービスなのです。

 

申込みをすれば、本人確認や収入の情報、会社への在籍確認などが取れれば、即日融資をしてくれる業者も数多いです。

 

しかし、簡単にカードローンを利用することは避けた方がよろしいです。

 

カードローンは便利な反面、金利がとても高いのです。

 

返済方法は、一括払いもありますが、多くの場合、リボ払いという分割払いの方法を選択する人が多いです。

 

分割払いなので、毎月の負担はそれほど多くないと考えがちですが、カードローンは、利用限度額までは、いつでもどこでも何度でも借入れることができますので、本当に必要なお金でなくとも、借金をしてしまう可能性が高いのです。

 

当然、借入れ元本が増えれば、金利負担分も高くなりますので、毎月の返済にも窮してしまうことになります。

 

そのような状態にならないためには、計画的に借入れをして、計画的に返済をすることが重要です。

 

便利なサービスでも利用方法によって、最悪自己破産をしなくてはならないような状況になってしまうこともあるのです。

 

カードローンという便利なサービスを使いこなすためには、金銭的に自己管理ができる人でなければなりません。

 

カードローンのリボ払いについて

リボ払い

 

近年、銀行カードローンの返済方式といえば、リボルビング払い(通称リボ払い)が主流となっています。

 

因みに、リボ払いの「リボ」とは、拳銃の弾を充填する弾倉(リボルバー)を意味しているといわれています。

 

西部劇のワンシーンで、カーボーイが拳銃のリボルバーを回すシーンを見たことがあるのではないでしょうか。

 

借入れたお金の総額に関わらずに、毎月一定の金額を返済し続けることから、リボルバーを回転させるイメージと重ね合わせていることになります。

 

但し、リボルバーがクルクルと回転を続けるのと同じく、リボ払いの場合も追加で借入れを続けていくと、半永久的に毎月一定金額を返済し続けなければならなくなります。

 

 

従って、リボ払は返済への負担が少なく、生活への影響も少ないといった利点の反面、返済が完済できる見通しが立てにくいといった欠点も合わせ持つことになります。

 

追加で借入れを続けていると、たとえ明るい照明のトンネルであっても、出口のないトンネルに迷い込んだようになってしまいます。

 

 

当然、返済の期間が長くなるということは、それだけ金利をたくさん支払っていることになり、決してメリットばかりの返済方法ではないことを、頭に入れておかなければなりません。

 

なお、リボ払いは通常、「定額リボ払い」、「定率リボ払い」、「残高スライドリボ払い」の3種類に大別されています。

 

その中で、現在、銀行カードローンとして主に利用されているリボ払いの方式は、残高スライドリボ払い方式になります。

 

マイカーローンの支払いについてはコチラから>>マイカーローン金利が安い銀行の比較方法

 

 

更新履歴