リテールバンキング

リテールバンキングって何?

リテールバンキングを利用する女性

 

リテールバンキングとは、これまで銀行業務の柱であった、大企業等の大口顧客を対象としたホールセールバンキング(卸売り)に対して、中小企業や個人向け小口顧客を対象とした小口業務を指します。

 

銀行がホールセールバンキングからリテールバンキングにシフトを始めた背景には、大企業が社債やコマーシャルペーパー(CP)を発行することで、市場から低金利の資金を、直接調達できるようになったことがあります。

 

従って、大企業の多くが銀行からの融資に全てを託すのではなくなり、銀行との取引を一部敬遠する動きが広がったことにあります。

 

このように銀行離れが拡大をすることで、経営の厳しくなった銀行がリテールバンキングに注力を始めることになりました。

 

資金の貸出し先を住宅ローンや消費者ローンなどの個人分野に求めるなど、各銀行とも新たな事業の模索が始まっているといえます。

 

そして、リテールバンキングの一貫として始まった動きが、消費者金融会社との提携であり、その延長で取り組み始めた事業の1つがカードローン事業であったといえます。

 

個人向けの小口融資事業に対するノウハウに乏しかった銀行は、消費者金融との提携によりそのノウハウを習得、カードローン事業へも活かすことになりました。

 

また、カードローン事業の拡大の為には、消費者の利便性向上が最も求められております。

 

そこで銀行は、コンビニエンスストアのATM設置や、スーパーマーケット内のインストアブランチなど、欧米を見習った事業展開も強化し始めるようになりました。

 

関連ページ

銀行カードローンの特徴
銀行カードローンの特徴について紹介しています。
銀行カードローンの優位点
銀行カードローンの優位点について調べてみました。思った以上にメリットがあるんですよね。