銀行カードローン 特徴

カードローンの特徴って何?

クレジットカードの画像

 

カードローンを大別するならば、銀行カードローン・消費者金融系カードローン・信販系のクレジットカードローンになるでしょう。

 

この3種類のカードローンには、それぞれメリットやデメリットが存在しており、特に人気の高い銀行カードローンも、利用の際にはその特徴を把握しておかなければなりません。

 

現在では、大抵の人が銀行に預金口座を開設しています。

 

自分がメインに利用している銀行から、カードローンを利用することが可能ならば、返済も預金口座から引き落としてもらえます。

 

給料などが振り込まれる預金口座を、カードローンの支払口座に指定しておくと、支払い洩れも少なくなります。

 

このように金融機関の中でも、日常から親近感があり、最も信頼をおいている銀行ならば、カードローンの利用においても安心感があります。

 

そして銀行カードローンの最大のメリットといえば、他金融機関と対比した時の金利の低さといえるでしょう。

 

近年では、ネット銀行や流通系の銀行等、銀行の業態も幅広くなってきたことで、銀行間で金利差も生じています。

 

それでも、他金融機関と比較した場合、概ね銀行は低金利を提供していることに間違いはありません。

 

また、銀行の借入限度額も800万円〜1,000万円が主流となっており、他金融機関と比較しても高い数字といえます。

 

このように、低金利で高い借入限度額の提供を実現していることから、銀行カードローンを利用して、他金融機関の借入残高を纏めるなど、借換えには最適となります。

 

 

関連ページ

銀行カードローンの優位点
銀行カードローンの優位点について調べてみました。思った以上にメリットがあるんですよね。
銀行のリテールバンキング
銀行のリテールバンキングって何か知っていますか?